MW-PUG-CUE
検索…
⌃K

使用方法

Usage

電池を入れる

CR2032電池の+側を電池ホルダー(+)の向きで差し込みます。TWELITE CUEのLEDが3回点滅すれば正常です。 起動後は5秒毎に送信をし、送信時にLEDが1回点滅します。
コイン電池の挿入方法
電池の向きに注意してください。逆に入れた場合、発熱し故障の原因になります。
また、TWELITECUE の電池ホルダーは構造上、半田付け部が外れやすいため、以下に注意して電池を挿入してください。
  • コイン電池の取り外し時には電池ホルダーの半田付け部に力がかかりにくくなるように、電池ホルダーを上から軽く指で押さえながらコイン電池を取り外すことを推奨します。
  • TWELITE CUE の運用時は、専用ケースで電池ホルダーを上から押さえながら使用することを推奨します。

ケースへ入れる

丸印で示したようにケースの縁にある爪に引っ掛けて収めてください。
ケースのつけ方
必要に応じてねじ止めをしてください。ねじ穴はストラップを通したり、対象物への固定用にも使用できます。

ケースを開ける

ケースの切り込みにコインを差し込みこじ開けてください。
ケースの外し方

親機・中継機の準備

通信相手として親機が必要です。通信距離を延長する場合は中継機が使用できます。親機、中継機にはMONOSTCK - モノスティックを使用することができます。
MONOSTCK - モノスティックのアプリは親機・中継機アプリ Wings-ウイングスのバージョンv1-01-4以上を書き込んでください。

動作確認をする

TWELITE CUEを動かしたり、磁石を近づけたりして、パソコンに接続したMONOSTICKで受信したデータを確認してみましょう。

TWELITE STAGE SDKをインストールする

まず最初にTWELITE STAGE SDKをパソコンにインストールしてください。

TWELITE STAGE APPを起動する

  1. 1.
    MONOSTICKをパソコンのUSBポートに接続します。
  2. 2.
    インストールしたTWELITE STAGE SDKのMWSTAGEフォルダ内の以下のファイルをダブルクリックしてください。 ・TWELITE_stage.exe(Windows) ・TWELITE_stage.command(macOS) ・TWELITE_stage.run(Linux) 起動するとUSBに接続されたMONOSTICKが画面上に表示されます。
  3. 3.
    シリアルポート選択画面から1: MONOSTICKを選択してください。
  4. 4.
    デバイスを選択するとTWELITE STAGE APPのトップメニュー画面が表示されます。

親機の準備

通信相手として親機が必要です。親機にはMONOSTCK - モノスティックを使用することができます。 以下の手順で親機・中継機アプリ Wings-ウイングスをMONOSTICK - モノスティックに書き込んでください。
  1. 1.
    トップメニューから 2:アプリの書換 > 1:BINから選択を選択してください。
  2. 2.
    MONOSTICK BLUE を使用している場合はApp_Wings_MONOSTICK_BLUE_... を選択し、MONOSTICK RED を使用している場合はApp_Wings_MONOSTICK_RED_... を選択してください。
  3. 3.
    書き込み完了後はインタラクティブモードに入らずにESCきーを長押ししてトップメニューに戻ってください。

ビューアを選択する

トップメニューから 1:ビューア> 4: CUEビューア を選択します。

TWELITE CUEの動作確認をする

TWELITE CUEを動かす

  • 動かすとイベント=ムーブになります。
  • 動かし続けるとイベント=シェイクになります。
  • 動きに応じて加速度の値(X,Y,Z)が変化します。

TWELITE CUEを静止させる

  • 静止させるとイベント=ダイスになり、上面の値をサイコロで表示します。

磁石を検出させる

  • 磁石のN極を磁気センサーに近づけると「磁石 [N極]」と表示されます。
  • 磁石のS極を磁気センサーに近づけると「磁石 [S極]」と表示されます。
  • 磁石を磁気センサーから遠ざけると「磁石 検出なし」と表示されます。

ログを出力する

パルスクリプトで加速度などのデータをCSV形式でログに出力することができます。
詳しくは以下のページをご確認ください。

グラフを描画する

グラフ描画スクリプトでTWELITE CUEで計測した三次元の加速度のグラフを描画できます。
詳しくは以下のページをご確認ください。